奥歯の修理

自分の記録用に、超久々の記事です。
2019年の末から年を跨いで、歯を1本治しました。上の奥から2番目。
痛みも何もなかったんですが、レントゲンで、クラウンの下に小さく虫歯が映ってて、痛くないのは神経を抜いてあるからだろうと。
クラウンも古いし、やり直しておけばゆくゆくこの歯をキープできると。
迷いました。なんせ痛みがないので、危機感ゼロというか・・・。
で、まる1年放置。

でも思い返せば、このクラウン、ハワイに移住する前に「今のうちに」と思い立って駆け込んで、ルートカナル+クラウンを限られた期間でなんとか終わらせてもらったもの。
日本の歯科治療って、一度にちょっとずつしかせず何回も通わされるので、ルートカナルもちゃんと終わったのか時間切れで終わらせたのか、ハテナマーク。
ということで、ようやく決心して「やります!」と言いました。
どうせやるなら早い方がよかったのにね。

で、まずはルートカナルのやり直しから。
私の通う歯科医ではできないってことで、専門医(Endodontist)を紹介されました。
1回目=レントゲンを撮って、見積もり。3Dレントゲンが保険適用外で、$130・・・。
2回目=本番、ルートカナル。計3時間。うち2時間半ほどお口開けっ放し。
麻酔して、口が疲れないように支え入れて、治療する歯だけが出るように穴の開いたカバーをつけて、この日だけで一気に終わらせてくれました。保険適用後が、$300ぐらい。
神経抜いてるとはいえ、やっぱり痛みが出て2日ほど鎮痛剤飲みました。

そしてクラウン、予約が取れたのが1ヶ月半後で、それまで固いものは噛まないよう、反対側だけで食べる生活。ちょっと疲れました。片側だけで食べると、なんだかしっかり味わえてない気がして。

さて新クラウンは1日ですべて完了。
私の知らないところで世界は進化していたようで、この歯科医では3Dプリンターでクラウンを作るのです。
実は私、学生時代に歯科助手のバイトしてたことがあって、あの頃はゴムみたいなので型とって、業者に出して、出来上がって届くのを待って~という感じでした。
今回は、全部で2時間弱。古いクラウン外して、虫歯治療して、3Dスキャンして。
ドクターが微調整を繰り返しながらクラウンの型を決めていくところ、コンピューターの画面で一部始終見えました。
そして3Dプリンターでクラウンができあがるのを待って、はめて、終了。
土台とクラウンの合計、保険適用後が$530ぐらい。
痛みは全くなかったけど、2-3日は噛み合わせるとちょっと当たる感じがしてました。
それが日がたつごとに全然気にならなくなって、もう問題なし。

ルートカナルとクラウンで、ぜーんぶ含めて合計$1000ぐらいの自己負担でした。
お口全体で何でも食べられるって、すばらしい!

No title

地味にブログ続けてるんだねー えらい!😂
歯の治療は、うん、ラストミニッツになる前に治療しておくに越したことはないよねー お疲れさまでしたー
Secre

カテゴリ

プロフィール

瑠璃

Author:瑠璃

犬&猫&夫と暮らす、南国ハワイ島生活のブログです。
趣味はハワイアンキルト♪

写真をクリックすると、大きめサイズで見ることができます。

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

過去の記事

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

QRコード

QR