Peekaboo Ocean View

おうちのプロジェクトで、まず実行したのはバックヤードのフェンスです。
キャラコを連れて庭に出るのに、いちいちリーシュをつけていた前の家…。ほんとにめんどくさかった。留守番も家の中だから、室内が暑くなりすぎないか心配だったし。
それで、引越したらすぐにフェンスを建てると決めていました。

着手から2週間で完成したのは、6 feet(約183cm)の高さの、木のフェンス。
おかげさまで今は、キャラコをつながずに庭に出られるし、留守番も外で。大きな庭にフリー!だけど、どうやらずーっとラナイの日陰で寝ていると思われます。

ところでフェンスを建てるにあたって、隣との境界線に沿って植えられていた夾竹桃を引っこ抜いてもらいました。ちゃんとした垣根にもならず延び放題だったし、フェンスができれば目隠しとしての役目も必要なくなるので。
小型ブルドーザーでの作業で、きれいさっぱり!(ブルドーザーでスプリンクラーをちょっと壊されたけど…しょうがないね…。)
それと同時に、ラナイの脇にある巨大な木を少々トリミング。
そしたらなんと!海が見えるようになりました!

フェンスができる前。
Before

フェンスができた後。
After

拡大すると…。
Zoom up...

こういう、ちょこっとだけ、「一応」見えるオーシャンビューを、Peekaboo ocean view といいます。Peekabooは、いないいないばあのことです。
木を切る前は、写真のように、眺めも何もなかった。けど、強風が吹いて枝が激しく揺れると、隙間になんとなく海が見えるような気がしてたんですよねー。
ほんとにちょっとだけなんだけど、家の中からも見えます。
家を購入した時には、オーシャンビューなんて全く期待してなかったのに。ラッキー☆

ただ、最近風がない日が続いてて、VOGで霞んじゃって見えないことが多い…。
やっと貿易風が戻るか?と思ったら、昨日今日と連続で雨だし。雨が降るのは嬉しいけど、でも早くWaikoloaらしくすっきりした天気にならないかなぁ。

新居と強風

新居に引越しが完了しました。
前回Pahoaからこっちに来た時と違って、とっても近い距離なので、数日かけてちょっとずつ荷物を運び、運び終わってからまた前の家に戻って掃除をして…という、楽な引越しでした。

住み心地は、とってもいいです。
そこそこ古い家だし、もちろんすべてが理想通りなわけはなく、足りないところもたくさんあるけど。それでもやっぱりドリームハウス!
これからやるべきこと、やりたいことが山程ありますよー。
まずは庭の手入れかな…。前のオーナーが賃貸に出していた数年間は全く放ったらかしだったらしく、あらゆるものが育ちすぎ。
それからキャラコのためにフェンスを建てて…。他にも色々。

ところでここしばらく、風がすごいです。
Waikoloaは普段から風が強いけど、それ以上にすさまじい風が吹きまくってます。
風上の窓は全部閉め切っていたのにそれでも砂埃が入ってくる。うんざりして風下の窓も閉めたけど、どうやら閉めたドアの隙間からも入ってくるっぽい…。降参。
あと困るのは、キャラコの散歩。
サングラスをかけているのに、これまた隙間から砂埃が吹き込んで目を攻撃してくるの~。コンタクト入れているから、特に辛い。
まだ数日は強風が続きそうだとニュースで言ってたから、耐えます。

家を含む眺め~

この写真の中のどこかに我が家があります。
我が家からの眺めじゃないのが残念だけど、これがキャラコの散歩コースの眺めの一部。海が見えるし山も見える、本当に素晴らしい眺めの散歩を楽しんでまーす。

ドリームハウス!

やっと、やっと、やっとのことで、家の契約が終了しました。
普通だったら1ヶ月半~2ヶ月くらいで終わるエスクロー期間が、延びに延びて結局5ヶ月。まあショートセールなので長くかかって当然ではあるんだけど。
途中いくつも問題があって、その度に「もうこの家はダメかも」とあきらめそうになりながら、それでもなんとか持ちこたえてのクロージングでした。
それにしても、本当に最後の瞬間まで「もう大丈夫」と安心することができない、いつダメになってもおかしくない取引で…私たち、辛抱強かったなぁ。

物件が多いとは言えないこのエリア、さらにそれに制限をかけるうちの予算。
その中で、ドンピシャなタイミングで見つけた、私たちにとってのドリームハウス。
絶対大丈夫、手に入ると信じていたけど、ひとつまたひとつと問題が出てくるごとに、あれ?ダメなのかな。相性よくないのかな。こんなに邪魔が入るって、もしかして買うべきじゃないってこと?なんて、迷いも出ましたさすがに。
特に最後の最後、あと1日で終わるはず、もう契約書にサインしたという段階なのに、そこで問題が発生した時には、もう…。
この家が本当に私たちの家になるべきなら、なんとかうまくいくはず。もしダメになったら、この家は私たちにはよくない、住むべきじゃない家なんだろうと、何かがそう告げているような…悟りじゃないけどそんな気持ちでした。

結果、なんとか登記までこぎつけました。
やっぱり私たちのドリームハウスだったのね。Yay!



*この苦労を忘れないように、以下自分用の記録です*

1ヶ月め-セラーがうちのオファーを受け入れる。がショートセールなので、さらに家の債権者BOAの承認を待つ。
2ヶ月め-やっとBOAから承認が下りる。と同時に、この家には第二・第三・第四(!)抵当までついていることが発覚。すべての抵当がクリアになるまで、ローンの手続きに入れない。
3ヶ月め-第三・第四抵当とは折り合いが付いたが、第二抵当のRTRに手を焼く。あきらめかけるも交渉を続け、やっと合意に至る。が、それからローン手続きを始めるとクロージング期日に間に合わない。でもBOAは期日の延長を認めないという。
4ヶ月め-それでもローンの手続きを進めていたら、やっとBOAが延長申請を認めてくれる。インスペクションとアプレイザル完了。
5ヶ月め-ローンの承認が下りた。と思ったら、何箇所か家の修理をしてからという条件付き。この時点でクロージング期日まで1週間。またまたあきらめかける。が最後のあがきで、うちがその修理をする。(ショートセールで基本セラーは何もしないし、交渉している時間も無いので)

そしてやっと、契約書類にサインして、あとは2日後の登記を待つという段階で、セラー側リアルターがある書類を準備するのが遅れたせいで、1日遅れるという連絡が!でも1日遅れたらクロージング期日をオーバーする…。ここでまたしてもBOA、延長を認めないという返答。
ここまできてダメなのか?と呆然としていたら、ローン会社の社長がBOAとかなり強く交渉してくれて、1日だけ延長してもらえた!
翌日、無事登記完了。

カテゴリ

プロフィール

瑠璃

Author:瑠璃

犬&猫&夫と暮らす、南国ハワイ島生活のブログです。
趣味はハワイアンキルト♪

写真をクリックすると、大きめサイズで見ることができます。

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

過去の記事

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

QRコード

QR